映像酔いの無い安心安全なVRコンテンツを推進

  • 2017.2.10
    • 2017年2月16日(木)開催の3DBiz研究会「新春公開セミナー」にて「StageVRコンオーシアムのご紹介」講演を泉氏が行います。 セミナーの詳細は。こちらへ
  • 2016.12.21
  • 2016.12.1
    • StageVRコンソーシアムのWebサイトを公開しました。

StageVRコンソーシアムの設立について

 3Dコンソーシアム、3DBiz研究会、立体映像産業推進協議会は、映像酔いのない安全で魅力的なVR(バーチャルリアリティ)コンテンツを普及させるための「StageVRコンソーシアム」を12月に設立します。他の3D関連団体、VR関連団体にも参加を呼びかけていきます。
StageVRとは、コンサートや舞台などステージ上のパフォーマンスを実写3Dで撮影し、必要に応じて3DCGと組み合わせて制作するもので、鑑賞者の位置を固定して現実に起こりうる視点移動だけに制限することにより、映像と身体感覚のずれをなくし、頭痛や吐き気などを生じさせない安全なVRコンテンツを実現できます。
広く普及し始めた360度実写VRは、映像のつなぎ合わせ、注目する部分の映像の解像度の低さなど課題がありますが、StageVRは、前方のステージ部分だけにリソースを集中させるので、効率的で高解像度の実写VRを実現できます。
 また、4K、8K高解像度映像とハイレゾVR音響を組み合わせることにより、その場に居るような高臨場感の没入型コンテンツが可能になるため、今後普及が予想されるライブ配信VRや、スポーツ観戦VRなどへの応用が期待されています。

 3Dコンソーシアムは、安全な3Dコンテンツを制作するためのガイドラインを提供するなど、十年以上にわたって3D普及のための活動をしてきており、各団体においても3D撮影の実証テスト、3D表示技術の研究発表など、多くの専門家が参加してきました。
今回、共同してStageVRコンソーシアムを立ち上げ、ハリウッド3D映画の制作ノウハウの提供、新技術による実証実験などを通じて、VRがビジネスとして発展するための仕組みづくりを進めていきます。

 StageVRコンソーシアムの詳しい内容は、StageVRコンテンツのデモ、StageVR撮影用カメラの展示とともに、12月7日~9日にパシフィコ横浜で開催されるビジュアルメディアExpo(主催:アドコム・メディア株式会社)の4K&VRゾーンにて紹介されます。

StageVRコンソーシアムに参加

StageVRコンソーシアムの会則や活動内容、正式な入会規則などは今後順次決めて本Webサイトでの掲示や参加希望を申込みされた方々へご連絡をさせていただきます。
StageVRコンソーシアムに参加をご希望の方は、こちらの入会希望フォームよりプロフィールを記入してください。
今後、メールで活動状況や新しい情報をご連絡申し上げます。